2018年6月19日火曜日

2018年6月18日月曜日

6月26日 講義情報

6月26日、十回目の講義に関してお知らせいたします。

講師: 西条 昇 先生( 江戸川大学メディアコミュニケーション学部)

講義タイトル:「永井荷風の観た浅草芸能〜ストリップ史を中心に」

2018年6月12日火曜日

6月12日 原田範行先生 講義風景

6月12日は原田範行先生にご講義いただきました。


6月19日 講義情報・参考図書

6月19日、九回目の講義に関してお知らせいたします。

講師: 巽 由樹子 先生(東京外国語大学大学院総合国際学研究院)

講義タイトル:近代ロシアの身体とメディア

参考図書:ルイーズ マクレイノルズ(著) 高橋 一彦・田中 良英 ・巽 由樹子・青島 陽子 (翻訳)〈遊ぶ〉『ロシア: 帝政末期の余暇と商業文化』(法政大学出版局 、2014)

2018年6月5日火曜日

2018年6月4日月曜日

6月12日 講義情報・参考図書

6月12日、八回目の講義に関してお知らせいたします。

講師: 原田 範行 先生(東京女子大学現代教養学部)

講義タイトル:『ガリヴァー旅行記』の身体小人、巨人、スカトロジー、エクスタシー

参考図書:1.原田範行・服部典之・武田将明『「ガリヴァー旅行記」徹底注釈』(岩波書店、2013年)

2018年5月28日月曜日

6月5日 講義情報・参考図書

6月5日、七回目の講義に関してお知らせいたします。

講師: 環ROY・島地 保武 先生

講義タイトル:「コラボレートする身体:メディア(媒体)とプレーヤー(演者)」 

参考図書:1.本多 勝一『カナダ=エスキモー』(朝日文庫、1981年)
2.ユヴァル・ノア・ハラリ『サピエンス全史』(河出書房新社、2016年)


3.安部 公房 『笑う月 』(新潮文庫、1984年)







【重要】6月5日の講義に関するお知らせ

【重要】6月5日は早慶戦の有無に関わらず、予定通りに授業を行います。ご注意ください。

2018年5月22日火曜日

5月22日 松平保久先生 講義風景

5月22日は元NHKプロデューサー、現会津松平家十四代当主松平保久先生にご講義いただきました。


5月29日 講義情報

5月29日、六回目の講義は休講となります

2018年5月15日火曜日

5月15日 小川剛生先生 講義風景

5月15日は文学部教授の小川剛生先生にご講義いただきました。


5月22日 講義情報

5月22日、五回目の講義に関してお知らせいたします。

講師: 松平 保久 先生(元NHKプロデューサー、現会津松平家十四代当主)

講義タイトル: 明治維新と戊辰150年 〜會津の思い〜


2018年5月8日火曜日

5月8日 藤木健二先生 講義風景

5月8日は文学部教授の藤木健先生にご講義いただきました。


5月15日 講義情報・参考図書

5月15日、四回目の講義に関してお知らせいたします。

講師: 小川 剛生 先生(慶應義塾大学文学部)

講義タイトル: 宮中を覗く遁世者ー兼好法師の視点

参考図書:
1. 小川 剛生『兼好法師 徒然草に記されなかった真実』(中公新書、2017年)

            

2. 小川 剛生『新版 徒然草 現代語訳付き』 (角川ソフィア文庫、2015年)


3.黒田 日出男『王の身体 王の肖像』(ちくま学芸文庫、2009年)

4.黒田 日出男『増補 姿としぐさの中世史―絵図と絵巻の風景から』(平凡社、2002年)

2018年4月24日火曜日

5月8日 講義情報

5月8日、三回目の講義に関してお知らせいたします。

講師: 藤木 健二 先生慶應義塾大学文学部

講義タイトル: 近世イスタンブルにおける「王の祝祭」

4月24日 北中淳子先生 講義風景

4月24日は文学部教授の北中淳子先生にご講義いただきました。


2018年4月19日木曜日

【重要】教室変更のお知らせ

来週の授業(4/26)から教室は西校舎413教室から南校舎421教室へ変更となります。
ご出席の際にはご注意ください。

2018年4月18日水曜日

4月24日 講義情報・参考図書

4月24日、二回目の講義に関してお知らせいたします。

講師: 北中 淳子 先生慶應義塾大学文学部

講義タイトル: ライフサイクルの精神医療化:脳神経科学的自己の台頭

参考図書:北中淳子『うつの医療人類学』(日本評論社、2014年)

  鈴木晃仁・北中淳子編著『精神医学の哲学2:精神医学の歴史と人類学』(東京大学出版会、2016年)

2018年4月17日火曜日

4月17日 巽孝之先生 講義風景

4月17日は文学部教授の巽孝之先生にご講義いただきました。




2018年4月10日火曜日

4月17日 講義情報・参考図書

4月17日、初回の講義に関してお知らせいたします。

講師: 巽 孝之 先生慶應義塾大学文学部

講義タイトル: 帝国の身体ーーアメリカ命名から明白な運命まで

参考図書:

・高山宏、巽孝之『マニエリスム談義 驚異の大陸をめぐる超英米文学史』(彩流社、2018年)




2018年4月3日火曜日

2018年度「メディアとしての身体」春学期スケジュール(予定)


*敬称略
*タイトル、参考文献、授業風景は随時更新

4月10日 ガイダンス
4月17日 巽孝之 慶應義塾大学文学部
4月24日 北中淳子 慶應義塾大学文学部
5月1日   木曜代替講義日のため授業なし 
5月8日   藤木健二 慶應義塾大学文学部
5月15日 川畑秀明 慶應義塾大学文学部
5月22日 松平保久 元NHKプロデューサー、現会津松平家十四代当主 
5月29日 早慶戦のため休講(予定)
6月5日   島地保武(ダンス)・環ROY(ラップ音楽)
6月12日 原田範行 東京女子大学(英文学)
6月19日 巽由樹子 東京外国語大学(ロシア史)
6月26日 西条昇 江戸川大学(ストリップ研究)
7月3日   関根淳子 静岡芸術劇場SPAC 
7月10日 松尾瑞穂 国立民族学博物館
7月17日 総括
7月23-7月31日 春学期末試験期間中に試験予定

メディアとしての身体 I,II

曜日・時限: 火曜日・2

単位: 2(半期)

キャンパス:  三田キャンパス

担当教員:
文学部教授  巽孝之
文学部教授  岡原正幸
文学部教授  川畑秀明
文学部教授  宇沢美子 
文学部准教授  佐川徹
文学部教授  粂川麻里生
文学部   加藤有佳織

設置課程・学部:  学士 / 文学部

テキスト・参考書: ウェブサイトで指示する。

【内容】
文学部の総合講座の新シリーズです。1994年度より開始されたオムニバス講義で、「前衛と伝統」「死と再生」「愛とセクシュアリティ」「情の技法」「自然と文明」「聖と俗」などがここ10年のテーマでした。

今年度は昨年に引き続き「メディアとしての身体」をテーマとします。

人は各々の身体(イメージ)を基として、世界を測ります。生まれながらにして、五感の他「数覚」(the number sense)を持つ人類は、自己を成立させるためにも、世界を認知、構築する上でも、身体(像)を基本としてきました。が、はたして人はどれだけ身体(像)の多様性を理解しているのでしょう?近くて遠く、よく知っているようでいて、実は未知なる存在であり続ける身体・・・このような、形而下から形而上までをつなぎ、様々な矛盾を孕む身体(像)をとりあげ、実体/概念/言語/表現媒体としての「身体」の意味を掘り下げることを、本講座は目的としています。
芸術、運動、パフォーマンスの他、文学系、社会科学、自然科学や科学技術系などの、多彩な学知における身体を鍵として、個のセクシュアリティから、国家、戦争に至るまで、日常から非日常的想像力世界まで話題は限りなく広がります。2018年度の講義でも、さまざまな領域の専門家である講師陣により、多次元的な身体論が提示される予定です。

2018年度 講義要綱 より)


【講義日程】

別記事参照

2017年12月27日水曜日

12月26日 大村敦志先生 講義風景

12月26日は東京大学法学部教授の大村敦志先生にご講義いただきました。





2017年12月19日火曜日

12月19日総括/1月16日期末試験のお知らせ

12月19日は秋学期総括を行いました。
1月16日は本講座の期末試験を実施いたします。


【日時】:    2018年1月16日(火)第2限 10:45開始
【場所】:    西校舎513番教室
【試験時間】: 50分 ※持ち込み可


試験問題は以下のとおりです。


(1)~(4)
今期の講義の中で特にあなたの印象に残ったもの4つにつき、講師名、講義タイトル、講義で指定された参考図書を挙げ、各講義内容を簡潔にまとめなさい。
(5)
「メディアとしての身体」という本講座のテーマについて、あなた自身はどのようなことを考えたか。本講座の講義内容ともつなげ、論述しなさい。



2017年12月13日水曜日

12月12日 平田栄一朗先生 講義風景

12月12日は本塾文学部の平田栄一朗先生にご講義いただきました。





2017年12月6日水曜日

12月5日 千木良悠子先生 講義風景

12月5日は劇団SWANNY主宰の千木良悠子先生にご講義いただきました。




2017年12月4日月曜日

12月12日講義情報・参考図書

12月12日の授業に関してお知らせいたします。

講師: 平田 栄一朗 先生 (慶應義塾大学文学部)

講義タイトル:
「見る」身体と演劇的メディウム

参考図書:

ミシェル・フーコー『言葉と物-人文科学の考古学』 渡辺一民・佐々木明訳、新潮社(1974年)序と第一章「侍女たち」



Samuel Weber: Theatricality as Medium. Fordham University Press 2004. Introduction: Theatricality as Medium, Chapter 1: Theatrocracy; or, Surviving the Break.


2017年11月29日水曜日

12月5日 講義情報・参考図書

12月5日の講義に関してお知らせいたします。


講師: 千木良 悠子 先生 (
劇団SWANNY主宰


講義タイトル: 居る身体、居ない身体(どうやって演劇を作るのか)


参考図書:


①橋本治 『桃尻娘』 ポプラ文庫(2010年)




②橋本治 『恋愛論』 イースト・プレス(2014年)




③スーザン・ソンタグ 『反解釈』 高橋康也・由良君美・河村錠一郎・出渕博・海老根宏・喜志哲雄訳、筑摩書房(1996年)





④ジャン・ジュネ 『女中たち/バルコン』 渡辺守章訳、岩波文庫(2010年)




⑤ジャン・ジュネ 『シャティーラの四時間』 鵜飼哲・梅木達郎訳、インスクリプト(2010年)






12月26日 講義情報・参考図書

12月26日の講義に関してお知らせいたします。


講師: 大村 敦志 先生 (東京大学法学部)


講義タイトル: 身体と法―「二つの現実」との関連で


参考図書:


ジャン=ピエール・ボー 『盗まれた手の事件―肉体の法制史―』 野上博義訳、法政大学出版局(2004年








2017年11月28日火曜日

11月28日 ジョー小泉先生 講義風景

11月28日は、有限会社 リング・ジャパンのジョー小泉先生にご講義いただきました。